ゆかりの日々徒然

シンプルな生活の中で、好きなものや心地よいものに触れつつ、日々のことを綴ります。

父が入院するにあたって。

本人がわかりやすいように書類をまとめたり、大きい字にしているんですが、

結局面会できないし、付き添いして送り出して、
手術日説明を聞いて、
次会えるのは退院するときなんですよね。


おそらく大部屋に入るので、
他のかたの邪魔にもなってはいけないし、
これがコロナだったら、何も前触れもなく発症も容態の急変も起こるんだ…とおもうと、
心がついていかないんじゃないかな?と思いました。


うちの場合は、二回目のワクチンの副作用+抗体のでき具合でなので、入退院が前後する可能性もあるのですが、


本人のためにもはやく終わった方が気分的に楽だろうなぁと
思っています。


今回私の負担はほぼなく、
毎日行く気で必死で道を覚えて、
予定をたてていました。


しかし、無理ということがわかったので、こうなったら準備を万端にするか。
と思っています。


今回はきちんと補聴器も持っていってくれるので、なんとかなるかなぁと思っています。


どれだけたくさんの人が
闘病し、看護されていったのかなぁ。
どんな結果でも誰も悪くない。
あんなに精一杯やっている医療現場の人をみて、とてもそんなことは思えない。


しみじみそう感じました。


コロナ病棟はゾーニングされており、こちらの病棟とは離れておりますが、いまなおたくさんの方が闘病されています。

来年はきっと、みんながどうにか乗り越えられたね、と言えるようになってほしいなと切に思います。


読んでくださって、ありがとうございます。(*^^*)
今日がみなさまにとって、素敵な1日になりますように。(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村