ゆかりの日々徒然

シンプルな生活の中で、好きなものや心地よいものに触れつつ、日々のことを綴ります。

私がブログとツイッターしかしないわけ。

どうも。藤白ゆかりです。

また、今週から天気が不安定になるような…いつまでたっても出したりしまったりを繰り返しています。

さて、本日はタイトルのとおりのお話です。


いままで、私はたくさん、師匠と真理(ママ)さんのお話を書いてきましたが、大々的に活動しないのはなぜなのか?

ということをお伝えしたいと思います。

これは、二人に伝える人数を今回はこれ以上増やさなくていいといわれているからです。

そのため私はコンタクトをとって、わざわざ、直接会う機会を作らなくていいんです。


ここはお二人との回顧録と私の生活や、同じような病にくるしむ人、楽に生活するにはどうしたらいいか?片付けられなくても、汚部屋は脱出できる!など
をメインに書いています。


この伝える人数を増やさなくていいというのは、
私はなぜだか理由を知らされていません。

もしかしたら、なにか綿密な計画が組まれていて、闇雲に増やせないからかもしれません。


真理さんのところも、最初はものすごい数の人がブログに押し寄せて、アクセス数一位になるたび、一旦、ブログを削除してました。

今だからいいますが、スピリチュアルを生業にしている人からの嫌がらせがすごかったんです。

師匠は強いですから、霊能力対決は挑まれるわ、
宗教カテゴリーで論破しまくってましたから(何せ正真正銘ののお坊さん)

淡々とこなしていました。
師匠を人間じゃないかも…と思う人もいて、たしかに人間技とは思えませんでした。


でも、ブログを削除しようと、縁ある人はたどりつくからと
削除しては、また伝え続けて、必死にやっていました。

日中はヘルパーさんをして、子供の世話をしつつ、本当にすごいなと思います。

そして理系なのに、とても文章がうまい。
その人にあわせた伝え方のできる、頭のいい人なんだなと実感しました。

師匠もそうでしたね。
真の賢さを私は二人から学びました。

そして、絵を描けばめちゃくちゃ上手い(売れるレベル)

でも、壮絶な、ここには書けないようなつらい経験もなさっておられました。

そんなわけで、この私の世代


(だいたい、15年前の当時で30~40代のかたがほとんどでした。そのためお子さんがおられる主婦のかた、独身の方もおられました。)
ここの世代では、もうおそらく出ないとなっていて、
次の世代にその種をもつ人が出てくるのかなと思います。

もし、その種をもつ人がいつかここに、たどりついてくれたなら、そのときにこそ、このブログは真の意味を成すのかもしれません。


それまで私はいろんな話を交えながらこのブログを続けていきます。

それが師匠との約束ですから。(*^^*)


読んでくださってありがとうございます。


今日が皆様にとって、素敵な1日になりますように。


そして、コロナがすこしでも落ち着き、五輪の問題やら付随する問題がどうにか解決してくれることを望みます。

医療機関のかた、保健所のかた、アスリートのかた、罪なき人々にこれ以上ダメージを与えないでほしいんです。

ただ、それだけです。
未来の宝に希望がもてる世の中になるよう平和に暮らしたい。
それが私の願いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村