ゆかりの日々徒然

シンプルな生活の中で、好きなものや心地よいものに触れつつ、日々のことを綴ります。

ご報告。

どうも!藤白ゆかりです。

生き甲斐でやってきたブログも
ついに更新が難しくなってしまいました。

といいますのも、私今年ものすごく更年期障害がひどく、水分が飲んでも奥にとどかない。
常に冷しても暑い。

頭痛と吐き気で三日間たべられておりません。

熱中症をとおりこして、熱射病なので、現在の病と私の体力、すべてが落ちてたところにやってきてしまいました。


熱はなく、せきもなく、変われる人もいないので、その間1週間無欠勤で、ほぼなにもたべずにすごしたのもあるかもしれません。

お恥ずかしい話ながら、父の病院以降、でていってほしいということで、もちろんそのように動いているのですが

私のいる部屋にはク-ラ-がありません。

父の部屋と完全に閉められているので、冷気はこないため、卓上扇風機と、今日は氷のう等をかってきて、冷しながらねむることにしました。

とにかくすぐ頭痛がおこるため、長らく画面をさわれないため、一旦おやすみさせていただきます。

いつもみてくださっていたかた、ご報告が遅くなって申し訳ありません。



はやめの回復を心がけ
がんばりますので、よろしくお願いいたします(*^^*)

挫折を知るものは誰よりも強い。

どうも、藤白ゆかりです。


感染には気を付けておりますが、皆様もくれぐれもお気をつけくださいね。


柔道は死闘でしたね。
そして、日本の礼儀正しさと、忍耐強さに特に相性のよい競技なのかもしれません。


みなさん、礼にはじまり、礼におわり、互いの健闘を称える。


他の国の柔道の選手も素晴らしかったです。


水泳の萩野選手
一時はスランプで、休養して、
オリンピックも危ぶまれて、
辛い思いをされたのに



「この(決勝)にのこれて、(瀬戸)大也と一緒に戦える。神様からの贈り物です」


と男泣きに語っていて
この人どれだけのプレッシャーと等身大の自分自身をみつめて、戦ってきたんだろう。

そこには誰よりも自分が一番努力しただろうに、
支えてくれた周りの人への感謝にも満ちていました。


きっとみなさんの背中をみて、未来にオリンピックを目指すたびっこ選手たちが現れますように。


とはいえ、スケボーの椛ちゃんは13歳なので、すごすぎますけど。



どうかオリンピック選手が夢見た舞台で感染がおこりませんように。

わたしも静かにおうちで観戦しますし、医療現場にはたらく方々に迷惑をかけないようにしますので、
どうか、この日を夢見た選手たちを思う存分戦わせてあげてくたさい。


読んでくださってありがとうございます。

暑い日々が続いております。
みなさまもどうかおきをつけくたさいませ。

もちろん私も気をつけて過ごします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

オリンピックは台風も連れてきた

どうも!藤白ゆかりです。

時期的に仕方ないんですが、よりによってなんで普段いかないコースにいってしまったのか。


宮城県のほうにいくこと、あまり見たことないので、
台風が来るのはしかたないとして、まいりましたね。


昨日のサーフィンは、よい子は絶対真似しないでね。

といっても、あんなに高くて、白波が立ってる波は
プロでもなかなか厳しかったのではと思います。

それでも必死に食らいついてメダルを取っていることには、ただ、ただ、心から感服しました。


休憩していたとき、ヤフー災害速報で目を疑いました。
えっ、台風宮城にいってしまったの?

職場はテレビがないので、地域の方の情報と、選手の方も不安に思われていないかなど、かんがえていました。




こっちに来るにはまだましなんですよ。

瀬戸内海が穏やかなのは、
それまでに海、山
(四国)にぶつかり、けずられていくぶん和らぐんです。



しかし今回はそれも外れ、岡山が大雨に見まわれ、いままでとはちがうことになってます。


みなさま。どうかお気をつけください温帯低気圧に変わるとはいえ、この頃何がおこるか予測がつかないことがたくさんあります。


わたしも気を付けます。どうか命をだいじに、なさってくださいね。


読んでくださってありがとうございます。


今日がみなさまにとって素敵な1日になりますように。

熱中症にはお気をつけくださいね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

仕事でもなんでも。そこに何を込められるか。

どうも。藤白ゆかりです。

人は怒ったとき、負けたとき、本性が出ます。


柔道では、井上康生監督も泣くほど、高藤選手の心を汲み、
つづいて、阿部姉妹、いままで、金を取ってきた選手、みなさんは最後まできっちり礼をして、その後に感謝の気持ちを伝えてくださいました。


勝って当たり前、負けたら酷評。
今回はさらに、コロナという、選手に逆風しかない状況でした。


内村航平選手のように、いっさい言い訳しない、
むしろみなさんに謝りたいとまでいう選手。
ほかでもない、本人が一番悔しいと思います。


私たちのように、アスリートでなくても、仕事の失敗も言い訳できないのが当たり前。


全てを出しきってダメなら、
それが現状の実力なんだろうと思います。


だからこそ、みんな一歩ずつすすんでいるんだと思います。



人のせいにせず、自分を責めるのでなく、どこがダメだったか分析して反省する。

その姿をきっと分かってくれる人はいます。


そして、本当はその中にまだあなたにはのびしろがある、とあうメッセージも隠れているんでないかと思います。

100人いたら全員が批判する人でなく、激励してくれる人も必ずいます。



日々精進ですね。(^_^;)

そう信じて、
わたしも頑張ります。



読んでくださってありがとうございます。
今日がみなさまにとって素敵な1日になりますように。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

1000年ごとにブームがくるのかな?

どうも!藤白ゆかりです。

コロナとオリンピックという、光と闇を象徴する不思議な大会ですが、これはこれで歴史には残ると思います。


大阪の方は高齢者の方が感染も亡くなることも減ってきており、ワクチンは効いているのかもしれません。


さて、本題は…


去年より鬼滅の刃がブームになり、久しいですが、
いまはそれにかわり、呪術廻戦が人気ですね。

令和の時代、バカにされそうですが、
不思議に1000年前といえば安倍晴明がいたころ。


いままで見えないものを否定され続けていたのに、アメリカはUFOの存在を認めています。


なんだか時代は変わりましたね。

日本は、あまりにも天皇陛下をないがしろにしすぎます。


天皇陛下は我が国の象徴にして、各国の方々と文化の交流、夜は神官としての仕事をなさっています。

上皇さまは譲位なさいましたが、先代の昭和天皇は亡くなるまでやり続けたんです。

自分の体がボロボロでも、沖縄に行きたい…。
「もうだめか?」と医師に訪ねたのは、ご自身の体調でなく、沖縄いきのことでした。


そこまで責任をかんじていたことを国民は知っているから、いまなお、人々の心のなかに残り、尊敬しているのです。


かつて天皇不要論を唱えた政党がおりますが、私は意地でもここにはいれません。年配のかたならご存じだと思います。


また、代々素晴らしいとおもうのは、
昭和天皇が全国を回られたとき、たまに皇后陛下もご同行されることがあり、
皇居で皇太子殿下(平成上皇)のみになると侍従が話すと

「ああ、なにかあっても、皇太子ちゃんがいるから大丈夫♪」
↑ほんとうにこう答えてらっしゃいます。

と絶大な信頼を置いていたのです。


もちろん同じ状況が世代を越えてもあり、
今の天皇陛下浩宮親王のときも、いまの平成上皇(このときは皇太子殿下)は
「なるちゃん(浩宮徳仁親王)なら大丈夫、大丈夫♪」


ということがありました。
また、私がこんなに天皇陛下について書くのは、ある話を読んだのがきっかけでした。


皇太子殿下時代、雅子皇后陛下と同じようにオックスフォード大学に留学しますが、


このときにたまたま日本の記者さんがいて、そのときに殿下がおっしゃられたのは、


「この留学している間だけ、私は日本のいろいろな質問に(お妃選びとか)答えなくてすみます。この自由が許される間だけ、
私は身分も関係なく一人の人間として過ごせます。この思い出があるからこの先、どんなことがあっても、
私は生涯国と国民と心を寄せ、天皇となる覚悟を決めています」

これだけの覚悟をされて、自分の運命を受け入れていらっしゃったのです。


また、いまの天皇陛下は頭の回転の良さが半端ではないです。


堅苦しくなく、冗談もまじえてみたり、昭和天皇と似ているんです。
昭和天皇も面白い方でしたよね。
また、天皇陛下のすごいところは、
敵を作らないことです。
これはおそらく、いまの天皇陛下がもって生まれた才能だとおもうのですが、
各国のお偉いさんも、日本に訪問されたとき、とても楽しそうにしてらっしゃいますよね。

そして、私は兄の心をしらぬ弟さまがどうしても好きになれません。

兄より早く結婚したことでバッシングをうけ、そこから守っていたのは、他ならぬ今の天皇陛下です。

酒豪で知られる陛下ですが、1日だけ泥酔したことがありました。
それは、秋篠宮さまがご結婚された日です。
嬉しくて飲みすぎてしまったと。


常に弟を守り、かばいつづけ、その結果がいまのKK問題ですよ。
恩を仇で返してますよね。

だから、国民は怒るのです。

天皇陛下は仲取り持ちといって、神様に、感謝を捧げ、仕える最高の神官です。
だからこそ、他の国がビックリするのです。

ちなみに、フィリピンの暴れん坊大統領ドゥテルテ氏は二代にわたり、天皇陛下の大ファンです。


天皇陛下という存在は見えないものを敬い、自然を敬い、国民を第一に考える、唯一無二のかたです。


平城上皇は常に国民に寄り添いますという姿勢を貫かれました。

いまの天皇陛下は「さあ、みなさんご一緒に」という
フランクかつ国民も大切な家族というスタンスです。


この国がこれからどうなろうが、(個人的には大丈夫だと思うんですよ )私はこの国にいたいとおもいます。


見えないものを信じるなら、
スーパー最強神官にして、現実はエンペラーの称号をもつ、
我が国の素晴らしい天皇陛下をまず、しっていただきたいです。

麻生さんが、よく隣国に「うちの国はあんたんとことは違うんだよ」といってますが、まあそれもあながちまちがってないんですよね。


そんなわけで、見えないものと
天皇陛下の多忙ぶりを書かせていただきました。
夜も神事のときは真夜中も起きてらっしゃいますからね。


長くなりましたが、読んでくださってありがとうございます。

少しでもしってもらえると
目に見えないもの仕組みやさわりでもわかっていただけるかもと思い、書かせていただきました。


この国はまだ希望はあります。

私はそう、信じています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

オタクは迷惑をかけない。

どうも!藤白ゆかりです。
才能と人格はイコールでないことは、私もわかっているつもりですが、藤井聡太九段や、大谷翔平選手をみているせいか、
もういい大人がなさけない、
の一言です。


とはいえ、どうもこの人は罪をわかってなくて、ただ謝っただけですね。


50すぎても、昔悪さはしました~的なことを言ってるので、
ホンモノの根性悪です。

才能ある人がみんなこんなだと思わないでほしいです。

例えばオタクやマニアも
人々に影響を与えるレベルの人が出てきますが、


案外押し付けはしないんです。
ターゲット層も狭いですし。
それを覆したのは、岡田斗司夫さんですかね。
先駆けは宅八郎さんですが、残念ながらいまは故人となられました。

ご家族に看取られてとのことで、悲しいけれど、すこし安心しました。ゆっくり休んでくださいね。お疲れ様でした。


それに、マニアックな話題に限らず、
いきなり話がわからない人をいきなり引きずり込んでも、お互いきまずいですし、相手のこともかんがえていないので
それはできないですよね。

また、オタクは内気なタイプが多いので(外国のぞく)

「あ、これ知ってるよ、たしかこないだいってたのだっけ?」とか話しかけると仲良くなれます。

そしたら話し始めてくれるので、「詳しい?教えてほしい!」からのお友だちになれます。

これぞオタク流お友だちをつくる方法です。


オタクはふだんオタク認定を恐れるので、いじめをするタイプではありません。

むしろいじめられていて、ひきこもって、そのときに影響を受けたものがアニメや本だったりするんです。


平和にそれぞれが楽しんで好きなことをできる世の中になれないのだろうか…。

人をいじめて、嘲って、
なにが楽しいかさっぱりわかりません。

私は障害者だからとかで怒っているのではないんです。


なぜなら芸能人にどれだけいますか?
過去いじめられた人たち。
スポットライトを浴びるまで、もう死のうかとおもうくらいの苦しみを味わってきた人も少なくないはずです。

それであんなこといえますか?


わたしはあの記事の文章を読むと、その情景が浮かび、相手の苦しさが、迫ってきて、ほんとに困ってます。

震えて倒れたらどうしよう。
本気でその心配をしています。

涙が出るまでならなんとかできても、やっぱり…きついです。

この年代でありながら、彼に興味なく過ごしてきたのに…いまは存在が拷問です。

同じようにいじめに苦しんだ方も、きついと思います。


本音言うと、もう出家してほしいくらいです。

小室哲哉氏も、言動が一貫しておらず、晩節を汚しているだけです。撤回やサポートしたいといってますが、
あなたの時代はもう終わったのですよ。

インターネットからの寵児が
音楽にでてくる時代になったんです。


いずれにせよ、引き際が大切ですよね。


いじめっこのかたは、
現世でこの程度ですんでも、また先続きますが、それがいやなら猛省してください。


今度生まれ変わるときは、逆の立場になるかもしれませんよ?

生きている人が一番怖いんです。あなたにいま向けられている怒りがどれほどのものか、
おもいしってほしいです。


本日はいやな気持ちになる記事を読んでくださってありがとうございます。
今日がみなさまにとって素敵な1日になりますように。


記事も本当に見たくなくて、顔も見たくなくて、オリンピックはヤフー速報で見ています。

今回はフォローの余地なし。
以上です。

あと、障害を持つ方はチャレンジしている分、精神性はあなたより上ですよ。
もちろん人間ですから、失敗はしますが、それは生きている人全てにいえることです。


あの世で才能や栄光は一切通用しません。やってきたことがそのまま評価されるだけです。
それをお忘れなく。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

季節のうつろい。

どうも!藤白ゆかりです。

近くの神社に風鈴の奉納が飾られているのですが、昔はプチ氷河期でも、夏はそんなに暑くなかったんだよなぁ。打ち水とかで、済んでましたからね。

冬は寒くても、夏はいまほどではなかったと思います。

オリンピックは、波乱の幕開けですが、
コロナで苦しむ人のことも思い出しつつ、観覧できない方のためにも発信することも大切なのかなと思っております。


出来なかったことに目を向けても仕方がないです。
このコロナが蔓延している状態でも出来ること、
やれることに目を向けていくこと。
それが未来に繋がっていくと思います。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村